札幌のそこから

札幌のグルメ時々、札幌の街のお得な情報を発信するブログ

西18丁目駅のルーカレー専門店「円山教授」で浜カレーを食す!!

札幌の地下鉄西18丁目駅の人気店「円山教授」で浜カレーを食べてきました。

地下鉄 東西線 西18丁目駅付近のルーカレー専門店「円山教授」は、浜カレーやTV・雑誌でたくさん取り上げられているまるでケーキのような見た目のエッグドフロマージュカレーが人気のお店です。最寄り駅としては地下鉄西18丁目付近となります。

エビ出汁をベースにしたカレーにスパイス感を敢えて前に出さないスパイス使いで、大人から子供まで満足できるルーカレーに仕上げています。

雑誌やTVで取り上げられる度、行列ができる最先端のカレー屋は、他では味わえない唯一無二のお店となっています。

 

f:id:welcome-to-loserville44:20180118225804j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118225907j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118225941j:plain

「円山教授」は、元スープカレーのデストロイヤーさんが営業していた場所で営業しています。

店前に駐車スペースが2台あり。

店前の道路は1車線で、それ程車通りの多いとこではありませんが、もともと広くない道路が冬は雪でかなり狭まっているので注意が必要です。

店内は、完全禁煙

カウンター4席。2人掛けテーブルが2つ。4人掛けテーブル3つの20人程が入れるお店です。

内装も店長さんのDIYで水道管が至るところに張り巡らされた面白い作り。

入り口入ってすぐに段差があるので、そこだけ注意です。

帰りに油断してるとガクっと転びそうになる可能性があります。 

リクルートhot pepperではクーポンが載っていますので、そちらもチェック!

またFacebookでは、限定メニューのお知らせをしている場合があり、SNS以外で店内で告知をしたり、店員さんが案内などを一切無しで行っている場合があるので、訪問前に一度チェックしておきましょう。

また、ルーのみでの販売も行っています。鍋などの容器を持参すると購入可。

テイクアウトは現在行っておりません(ルーのみは可)

メニュー

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230125j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230200j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180203230346j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230227j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230349j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230427j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230523j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230545j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230632j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230712j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180118230736j:plain

 

カレーはお子様カレーを含めて10種類の提供を行っています(2018年2月現在)

 

円山教授の人気カレー TOP3

人気No,1 浜カレー 1480円

f:id:welcome-to-loserville44:20180118231111j:plain

浜カレー

円山教授1番人気の浜カレー 。エビで出汁を取り、トッピングに甘エビ・ソテーしたイカ・エビ・タコ・パプリカ・ズッキーニに素揚げしたブロッコリーとレンコン・人参と具沢山。

ルーには特製エビオイルとクリーム見た目にも拘った海のカレー。

積丹のウニぶっかけ丼で有名な「田村 岩太郎商店」で提供していた人気の浜カレーがここ姉妹店である円山教授でも食べられるようになりました。

他では味わえないシーフードカレーが食べられます。

初めての訪問ならまずはこれ!!

 

人気No,2 しびれ鶏のカレー 980円 (ひき肉入り 1180円)

f:id:welcome-to-loserville44:20180118231246j:plain

 

しびれ鶏のカレーは、中華などで使われる花椒を使用したオンリーワンなカレー。

カレー注文時、カレーの辛さとしびれのレベルの2つを聞かれます。

辛いのが好きでも、しびれはあんまり・・・。という方は、しびれのレベルは低くして、辛さだけを上げるという頼み方がベスト。

ルーには、ブロッコリーやシメジも入ってます。

 

No,3 野菜とポークのカレー 1180円

f:id:welcome-to-loserville44:20180118231359j:plain

ズッキーニ・人参・アスパラ・ブロッコリー・しめじ・蓮根・パプリカ(赤・黄)・サツマイモ・カボチャ・ジャガイモ・ヤングコーン・ナス・グリーンカールに豚バラ肉

15種類の野菜と豚バラ肉が、混ざり合うことによって、カレーの辛味と野菜の甘みを味わえ、最後まで飽きずに食べさせます。

 

SNS映え必死のエッグドフロマージュカレー

f:id:welcome-to-loserville44:20180122234158j:plain

 

そのカレーらしからぬビジュアルからTVや雑誌での取材多数なカレー。

円山教授での開発の経緯もSNSでの拡散などを狙って開発されているので、ある意味開発目的は果たされているが、そればかりが注目されて困っているらしい。

型にライスを盛り、エビ入りのキーマカレー・卵黄をかけ、周りにチーズと卵のそぼろをかけることによって完成するビジュアルは、まるでチーズケーキの様。

カップルや女性の注文を訪問時に多く見かけるカレー。

調理時間がかかる為、混雑時の注文は避けましょう。

ちなみにライスのサイズは選べないようです。

f:id:welcome-to-loserville44:20180122234852j:plain

真ん中から割ると、卵黄が流れ出し、スキマからはキーマカレーが覗く。

卵とチーズの甘さがある為、注文時には普段の注文時の辛さより1つレベルを上げると良いでしょう。

とにもかくにも、フォトジェニックなカレーなことは間違いなし!!

女性とのデートに使うと喜ばれるのかも。

 

f:id:welcome-to-loserville44:20180225235700j:plain

2018年2月に提供されたfacebookでの限定告知メニュー

「 鶏サバカレー パキスタン風 1180円」

ほぐしたチキンとサバ・牛蒡・ナス・生卵のルーカレー、かなりマニアックなカレー。

カレーマニアにターゲットを絞ったカレーも味わえるので、カレーが好きな人には是非一度訪れてみてほしいですね。

店舗情報

f:id:welcome-to-loserville44:20180123000408j:plain

 ※写真は「牡蠣とひき肉のカレー」

店名   : カレー専門店 円山教授。

営業時間 : 11:00~15:00  17:30~21:00

定休日  : 不定休(休みの場合は、SNSで告知あり)

住所   : 札幌市中央区南4条西21丁目1-27第五藤栄ビル

最寄り駅 : 地下鉄 東西線 西18丁目駅 より 徒歩8分程度

駐車場  : 店舗前に2台

TEL   : 011-522-8886

※ 電子マネー・クレジットカード使用不可

※ 店内 完全禁煙

HP   :【カレー専門店】円山教授。

Facebook【curry Shop】円山教授。 - 北海道 札幌市 | Facebook