清田区 カレー馬鹿の店主が作る 絶品スープカレーの専門店 トムトムキキル 

 トムトムキキルとは? トムトムキキルの意味も

トムトムキキルは、札幌市清田区の国道を曲がり住宅街にあるにも関わらず、日々行列の絶えない、清田区を代表するスープカレーの人気店です。

 テレビや雑誌への掲載も多数。 豊富なトッピングと 丸鶏と鶏ガラ・牛骨と香味野菜・スパイスをじっくり煮込み、塩のみで味付けした、アッサリ目の味でありつつスパイシーなスープカレーが特徴です。

札幌のスープカレーのお店では珍しく、朝9時から営業しているので、朝から絶品スープカレーを食べることが出来ます。

 地域の皆さんに愛されるそんな素敵なお店「トムトムキキル」ですが、店名は、アイヌ語で「ホタル」という意味を持ちます。

今回は、トムトムキキルさんで、いろんなスープカレーを食べてきましたので、紹介をしていきたいと思います。

続きを読む

東札幌駅からすぐ チャンカレこと「カレーのチャンピオン 札幌白石店」で金沢カレーを食べる

東札幌駅からすぐ、金沢カレーチェーン「カレーのチャンピオン 札幌白石店」

石川県は金沢市ご当地カレーのジャンルに分類されるであろう金沢カレー

特徴としては、ドロッとした濃厚なカレールーをステンレスのお皿にキャベツの千切りと一緒に提供するカレー。そしてトンカツにソースをかけたものをメインのトッピングとして用意しているお店が多いのがザックリとした特徴です。

 

そんな、金沢カレーのチェーンとして有名なのが「カレーのチャンピオン」と「ゴーゴーカレー」ですね。

ゴーゴーカレーは、北海道には、進出していませんが、「カレーのチャンピオン」は、かなり前から北海道に1店舗だけ存在しているんですよね。

昼時には、近隣のサラリーマンなどが押し寄せる人気店で、カウンターとテーブル席が埋め尽くされています。

そんな、近隣に愛され定着した金沢カレーの人気店に今回はお邪魔して色々頂いてきました。

f:id:welcome-to-loserville44:20180722220718j:plain

続きを読む

札幌のカツカレーの美味しいお店をまとめてみた

札幌のカツカレーの美味しいお店をまとめてみた

カレーが好き。カレーであれば大体のジャンルのカレーが好き。

その中でもカツカレーが好き。

トッピングは数あれど、カツとカレーの組み合わせが一番好き。

サクサクのトンカツと濃厚なカレールー、どちらもご飯の最強の相棒だ。

そんなトンカツとカレーが手を取り合ったら無敵なわけで。

なので、カツカレーだけでの評価で美味しいお店をまとめてみた。

続きを読む

地下鉄白石駅すぐ ランチやチョイ飲みに サッポロトンテキ

地下鉄白石駅 から徒歩1分以内 サッポロトンテキ

地下鉄白石駅 は最近 白石区役所が移転し、その隣には複合商業ビルが出来たりと、少し前から開発が進んでいるエリアです。

しかし、あまり飲食店が多いとは言えない(特にランチの選択肢はあまりない)白石駅近郊に大通から移転してきたのが「サッポロトンテキ」です。

サッポロトンテキは、大通で旧「東京トンテキ」として営業していたのが、移転を機に「サッポロトンテキ」になりました。

続きを読む

札幌 大通の街中にキャンプ!? 今、話題の「侍.時々 酒肴」でランチを食べてきた 

DODとのコラボ店 侍.時々 酒肴って?

キャンプ場の様な内装で話題の「侍.時々  酒肴」は、札幌のスープカレーの人気店 「路地裏カリィ 侍」 を運営する会社がプロデュースするまったく新しいダイニングバー。

近年 侍は、東京近郊にも積極的に店舗展開を行い、今一番勢いのある札幌のスープカレーのお店と言っても過言ではありません。

そんな スープカレーの侍 を運営する 株式会社ソウルフラワー が満を持して開店させた新店舗が、インスタ映え すると雑誌やTVで取り上げられあっという間に人気店に!

そんな今話題のお店「侍.時々酒肴」にランチでお邪魔しました。

「侍.時々 酒肴」のランチではルーカレーを提供しています。

話題の店内は、DODの巨大なタケノコテントに人工芝。椅子からテーブルに至るまで、すべてがアウトドア用品で埋め尽くされています。

そんなキャンプ場の様な雰囲気の中で絶品のルーカレーをランチで頂いて来ましたよ。

 

 

DODとのコラボした店内とは?

f:id:welcome-to-loserville44:20180429224137j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180429224236j:plain

DODのタケノコテント 実際に販売されているものです。

DODのアウトドア用品が気になる人は一度見に行ってみるのも良いかも。

人工芝エリア(テントのあるエリア)は土足厳禁。靴を脱いで入ります。

f:id:welcome-to-loserville44:20180429224623j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180429224752j:plain

靴を脱がなくても良いエリアもあります。

こちらはDODのタープが掛かっている 4名程が座れるテーブル席が2つ

またカウンター席が2名座れる椅子が2つあります。

 

テントのある人工芝エリアは人気なので、すぐに埋まってしまいますので、テント席に座りたい場合は、早めに訪問するのが良いでしょう。

ただ、ランチ営業開店10分くらい前になると毎回5組くらいが並んでいました。

ランチ営業のお昼12時から13時30分までは平日以外は待つのも覚悟して行くと良いでしょう。

客層は、女性同士とカップル多め。それに小さな子供連れの家族がランチ時は多い為、普通の飲食店よりも客の回転は非常に悪いと言わざるを得ません。

それだけ長居したくなる空間という事でもありますが。

行くなら、開店直後 もしくは 14時以降が狙い目です。

15時ラストオーダー。15時30分閉店なので他のお店よりも少しランチ営業が長めなのを覚えておくと良いでしょう。

また店内の写真は、公式サイト食べログの店舗ページにも載っています。

やはりプロが店舗協力して撮った写真が一番良く撮れてますからそれを見るのが一番!

 

 

ランチメニュー

f:id:welcome-to-loserville44:20180429230654j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180429230922j:plain

4月からランチメニューの提供方法が本日のカレー3種を一皿で味わえるお得なセットA・B・C と シングルカレー として3種のカレーの中から1つを選ぶ 提供方法になりました。(以前は5種類のカレーの中から3種類を自由に選ぶスタイルだった)

複数種類のカレーの中でその日のランチに提供されるカレーは行ってみてからのお楽しみです。

f:id:welcome-to-loserville44:20180429230724j:plain

 

別な日には、赤ワイン仕立てのラムカレーが、ポークビンダルーになっていました。

f:id:welcome-to-loserville44:20180429230813j:plain

f:id:welcome-to-loserville44:20180429231903j:plain

ご飯の量とトッピングを選べます。辛さは選べません。辛くしたい場合は、卓上の辛さ調整用のスパイスをかけましょう。

f:id:welcome-to-loserville44:20180429232057j:plain

 

現在確認できている ランチメニューのカレーは5種

昔のメニューで値段とかも微妙に違いますが、どんなカレーを提供しているかと、辛さの参考になると思いますので貼っておきます。

f:id:welcome-to-loserville44:20180429232315j:plain

 

実際にランチのルーカレー食べてみた

f:id:welcome-to-loserville44:20180429233045j:plain

写真は スパイシーチキンカレー・キーマカレー・ポークビンダルーの3種

3種類のカレーの間の仕切りとして付け合わせがついています。

キャロットラペや揚げゴボウ・揚げブロッコリーに漬物などなど。

 

f:id:welcome-to-loserville44:20180429233357j:plain

スパイシーチキンカレー 1000円 + 侍ザンギ 250円

香り高いスパイスの効いたチキンカレー。 ゴロゴロしたチキンが入っていてデフォルトで揚げブロッコリー・揚げゴボウ・付け合わせが3種程乗っています。

スパイシーなカレーが好きならこれがオススメ。

またトッピングの侍ザンギは250円で大きなザンギが4つも乗ってコスパ非常に高いです。トッピングをするなら侍ザンギは外せない。

 

f:id:welcome-to-loserville44:20180429233944j:plain

キーマカレー 1100円 + フィッシュフライ 200円

ひき肉多めの肉のうまみが旨い。他のカレーから比べると一番とっつき易いカレー。

この時の付け合わせは、レンコンに紫キャベツ・きのこでした。

フィッシュフライは、ザクザクな食感で白身魚のアッサリ・淡泊な味がどんなカレーにも合います。

f:id:welcome-to-loserville44:20180429234936j:plain

バターチキンカレー 1000円 + サクサクブロッコリー 200円

トマトソースベースに大豆の粒々感が決め手。5種類のカレーの中で一番甘いカレー。

トマトの酸味に大豆の甘みが非常にマッチしていて女性受けNO.1。

サクサクブロッコリーは、どんなに有っても嬉しいです。

 

f:id:welcome-to-loserville44:20180429235533j:plain

赤ワイン仕立てのラムカレー 1200円 + 焦がしチーズ 150円

赤ワインのみを使用して仕上げた大人のカレー。そこに大き目のラム肉がラム肉らしさを残しています。 ルーカレーをチビチビつまみにお酒が飲めちゃうやつです。

焦がしチーズは、カレーにコクをプラス。 また赤ワインベースのカレーと合わない訳がない。 チーズと赤ワインのマリアージュ

f:id:welcome-to-loserville44:20180430000311j:plain

ポークビンダルー 1200円 + 焦がしチーズ 150円 + チーズいももち 150円

豚挽き肉の旨味・ワインヴィネガーの酸味・スパイス感 複雑な味がすべて高いレベルでまとまった。カレーマニアも満足する事間違いなし。

チーズいももちって、カレーにも合うしそのまま食べても旨い。

f:id:welcome-to-loserville44:20180430001012j:plain

浜中町の牛乳で作る自家製ミルクアイス 500円

濃厚でミルキーなアイスにベリーとキャラメルソースを添え、ココアパウダーをかけた一品。

デザートひとつでもクオリティーが高いです。

 

f:id:welcome-to-loserville44:20180430001733j:plain

侍、幸せカタラーナ 500円

カスタードの滑らかな口溶け。そこに表面のぱりぱりのキャラメリゼ。皿のカラメルソースが、オシャレな一皿。

f:id:welcome-to-loserville44:20180430002354j:plain

ルクアイスとカタラーナ 600円

アイスもカタラーナもどっちも食べたい人はコレ!

甘いものは皆を幸せにしますね。

f:id:welcome-to-loserville44:20180430002623j:plain

自家製生バナナミルク 500円

ラッシーの陰に隠れがちですが、バナナミルクもオススメ。

生のバナナから作られたバナナミルクは、バナナの濃厚な味を牛乳がさっぱりした飲み口に変えてくれています。

 

まとめ

スープカレーの人気店 侍の新しいお店として大注目の「侍、時々酒肴」のランチを記事にしてみました。

本来はダイニングバーのランチ営業ですので、夜にはまた違った魅力的なお料理を食べることが出来ます。

ランチ営業の時にも、注文は出来ませんが、メニューは置いてあるのでランチに行って気に入ったら夜の営業もお邪魔してみてください。

今回は、【ランチ編】としましたが、夜営業もなんとかUPしたいなあとおもいます。

 

店舗情報

店名  : 侍、時々酒肴

住所  :札幌市中央区南2条西5丁目31-2 2F

営業時間:ランチ営業  11:30 ~ 15:30 (LO 15:00)

     ディナー営業 17:30 ~ 23:30 

     (LO Food  22:30 ・ Drink 23:00)

店舗休み: 不定

駐車場 : なし

TEL  : 011-211-6216

最寄り駅: 地下鉄 大通駅 から 徒歩5分

※ 電子マネー決済不可 ・  ディナー営業のみ一部クレジットカード使用可

 

 

HP   :http://samurai-curry.com/sakesakana/

Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/tokidoki.sakesakana/

instagram侍.時々 酒肴さん(@samurai.sakesakana) • Instagram写真と動画

 

DOD 公式サイト

www.dod.camp